リウマチ科
HOME >  診療案内  > リウマチ科

関節リウマチは早期発見・早期治療が重要です。

  • 関節リウマチは早期発見・早期治療が重要

    関節リウマチは早期発見・早期治療が重要

    リウマチ科は関節リウマチをはじめ、リウマチ性疾患全般や
    膠原病(こうげんびょう)を中心とした自己免疫疾患の診療をおこないます。

    大森整形外科クリニックでは、リウマチ専門医として
    関節リウマチの専門的な診察・治療をおこなっています。

  • 関節リウマチについて

    関節リウマチ

    関節リウマチは主に関節が炎症を起こし、破壊されていく進行性の病気で
    自己免疫疾患の一つといわれています。人間の体には自分を外敵
    (細菌・ウイルスなど)から守る「免疫」という、例えれば自衛隊のような
    防御機構があります。
    自己免疫疾患とはその司令部のどこかが異常をきたして自分の体を敵として
    攻撃してしまう病気です。
    原因がまだ分かっていないので完治させることは困難ですが、
    最新の治療では日常生活に問題ない程度まで機能を回復させることも
    不可能ではなくなってきました。

    そのため、リウマチ性疾患全般に言えることですが、関節リウマチの治療は早期に診断し
    早期に治療することが重要といわれています。

    また薬を飲むだけではなく、患者様自身が病気のことについてよく理解することも大切です。
    大森整形外科クリニックでは患者様が疑問に思うことは、できるだけわかりやすく説明することをこころがけ
    必要な治療法を決定し日常生活が楽におこなわれることを目標にしています。

主な関節リウマチの初期症状

手や指の関節が痛んだり腫れたりする。
朝起きると両手がこわばっていて動かしづらい。
体がだるく、食欲がない。最近微熱が続いている。
※思い当たる項目が多いほど、関節リウマチの疑いがあります。
  症状が進行していくと、少しずつ関節が炎症を起こし全身に広がります。