医院案内
HOME >  医院案内  > 院長コラム

院長コラム

肘内障(ちゅうないしょう)について

小さいお子様の手を強く引っ張った後などに
上肢を動かさなくなることがあります。
『肩が抜けた』『手が抜けた』と言って来院されるご両親が
多いようですが、そのほとんどは肘が抜けかかった状態
(亜脱臼といいます)で、『肘内障』といわれる外傷です。
子供様の肘は骨が未発達のために、手を強く引っ張ると、
画像のように橈骨(とうこつ)をとりまく輪状靭帯が上の方に
めくれ上がってしまうといわれています。
新生児から5歳児までのお子様に多く見られます。

自然に治ることもありますが、普通は徒手整復をおこなって治します。
一度このけがが起こると、その後も癖になって何度も起こされる方が
おられます。しかし、小学校に上がる頃には骨が発達してくるためか、
自然に起こらなくなります。後遺症は残りません。
痛みや上肢の運動制限が続くようなら、翌日お見せください。

肘内障(ちゅうないしょう)について